げろぐぐのぶろぐ

http://gerogugu.web.fc2.com/

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: overwatch   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

Overwatch oβ感想

プレイ時間より配信を見てる時間のが長かったOverwatch oβ期間でした

3141.png
oβ期間中に大会が開かれてtwitchのリスナー3000人付いてTOP50くらいのリスナー数になったり、
チャットでは色んな言語が飛び交ったりと、結構な注目度だったみたいです

WS000611.jpg
決勝戦はGreen Leavesvs Vindiという、ほぼSource Engineゲーム同窓会
おそらく純粋な即着AIM勝負だけじゃないゲームをやってきた部分が結果に反映されたのかなと

GL.jpg
マップはDoradoで1対1からの延長戦が行われ、最終マップのNepalで勝利したのはGreen Leaves

WS000617.jpg WS000623.jpg
ただPlay of the Gameに輝いたのはVindiのTaiyamanと、L4Dプレイヤーには懐かしいYutaさん
(最後のマップは1RしかやらないのでPotGは無し)

Yutaさんのメインヒーローはゲンジだったようで、
PotGには載りませんでしたが、ゲンジのデフレクトを決めたところはなかなか熱かったです

大会のTwitchとニコ生の録画は以下のURLで見れるようです
https://www.twitch.tv/gamestarjp/v/65259549
http://live.nicovideo.jp/watch/lv262453585 (要プレミアムアカウント)

ニコ生は画質が・・・
エフェクトが飛び交うゲームは低ビットレート配信では何やってるか分からなくなるので、
新規からすると「ナニコレ」になるでしょうね
10倍近いビットレート出せて無料で見れるtwitch安定



自分の感想としてはカウンターピックが周知されると良いなぁって感じで、
TF2だとスナイパー勝負して負けたからスパイ出すと、
「あいつ顔真っ赤にしてスパイ出して来たんだけどwww」っていうのがあるんですけど、
このゲームは顔真っ赤にするプレイが推奨されてて、
活躍してるヒーローは顔アイコンの周りに燃えてるエフェクトが付いて、
そのヒーローを押さえるのに対抗できるヒーローを出しましょうっていうのが基本設計になってます

英語だけど画像で纏まってるのもあったりするんで、分かりやすいのが広まると良いですね
OverMVP | Hero Reference Infographic

ただバスティオンの火力は半端無く、カウンターピックしてようやく殴り合いが発生するって感じで、
ラインハルトの裏のバスティオンとか本当にどうしようもない感じ
VC繋がってれば被害抑えられるけど各自がバスティオンを認識してから対応するので、
仮にカウンターピックしてても思わぬ場所に居られると無残に殺されるのが日常でした
弾数減らすか距離減衰増やして欲しいなぁという感想

ScreenShot_16-05-11_02-19-37-000.jpg
そして自分のプレイデータですが、勝率50%ってとこでしたね
基本的に好き勝手ピックされた後に選ぶってのが多かったので、
タンクとかサポートやってしょうもな負けしてた記憶
好きなマップで得意なヒーローやってる時は勝ってた気がします
あと一般的に弱いと云われてるゼニヤッタとトールビョーンでの勝率が高かったです

トールビョーンは多分使う人が下手なんじゃないかと
TF2でエンジニアに慣れてるなら相手の動きを考えて置けるし、
右クリのショットガンがリーパー並みに強いし、アーマー配れるしで攻守ともに割りと万能
kothマップで使うと大抵金メダル量産してたので、使えてない人はもっと頭使いましょうねって感じでした

ゼニヤッタはディスコードがホント強かったです
バスティオンに付けて自分でパシュパシュ撃ってるだけで倒せるし、
裏取りしてきたやつに味方が気づかなくても自分で対応出来るしで自衛も安定
ゲンジで襲ってきてデフレクトしてるとこにディスコード付けて、
キック入れて倒して「ザマァ」ってするの好きでした
ヒーラーとしてはマーシー・ルシオに遠く及ばないけど、
裏取りに殺されてヒール出来ない時間長く作るよりはマシですね
視線さえ通ってればオーブをつけてられるので、敵地に飛び込んだゴリラとかにヒールし続けられるのも強み

自分のランクは26で終わりましたが、最終日になると50とか60とか普通にいましたね
ランク10でゲームのルールを覚えて、ランク20で各キャラの特性を覚えて、
ランク30からが本番って感じで、
ランク30以上が集まるとこに放り込まれた時はキチンとしたゲームになってて面白かったです

マップ研究周りはソルジャー76でのロケジャンポイントがあったり、
ディーバやファラでこっそり行ける裏抜けポイントとか見つけてました

ファラはリスポンから前線へ行く時に、Eのブラストを後ろに撃つ人を見かけましたが、
爆風が内周も外周も同じ勢いっぽいので、真下に撃っても一緒だからちょっと跳んでからの真下撃ち推奨
爆風が中心から広がっておらず壁にギッチリ付いてるとあらぬ方向へ飛ばされるので、
TF2のソルみたいに使うのは非推奨
高く前へ飛ぶ時は真下へ向かってEとShift同時押し
基本的に使うことはないけど、最も高く飛ぶには真下へロケットとshift同時押しで行けました
Route66の攻めとかで奥のウィドウへ距離を詰める時なんかには、
E+Shiftがとても効果的なのでガンガン使うように

oβが終わって発売日の24日迄プレイ出来ないので、
おばっちロス症候群の人らはTF2で気を紛らわせましょうね
Comments

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

げろにも

Author:げろにも
pecaでTF2配信してます

検索フォーム
Twitter

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。